ビジネスを効率化する朝一の行動を手助けする総合情報サイト

ビジネスの効率を上げる朝一の行動

ベータエンドルフィン運動

朝日を浴びて運動することがベータエンドルフィンの分泌を促して、前頭前野の働きを良くします。こうした運動は口を動かすということだけでも良いのです。外国語や日本語の自分の好きな文章を音読するというのはよいことです。

こうした朝一の行動は朝ごはんの前にするとよいですね。朝ご飯を食べてしまうと満腹中枢が働いて脳の働きが低下します。脳の働きを最高に生かすためには満腹になるほど食べないことがポイントです。

朝のカレーというとなんだか重そうですが、カレーにはストレス抑制効果があるといわれていますね。とにかく脳が喜ぶようなことをすることで活性化させるのですね。朝の趣味や読書会などもお勧めです。朝に快活に働くためには、夜の残業や仕事は控えたいものです。

朝の脳の活性化

人間の脳は寝ている間も働いているといわれています。昼間の間に得られた情報や刺激を整理しているのですね。ですから時々前日随分悩んでいた問題が朝日とともに解決したというようなことが起こります。

私たちは眠っている間に、潜在意識と交信しているのです。残念ながらこうした交信で得られたことは起きたとたんに忘れてしまいます。

こうした脳の活動を生かすためには、ゆっくりとリラックスして眠れることが必要です。そのためには夕飯は就寝前2時間くらいには終わるようにします。喧嘩や口論なども就寝前には避けましょう。PCやスマホなどもブルーレイを避けるために夕飯後は見ないようにします。怖い本などの精神を興奮させるものは、就寝前には読まないようにします。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ