ビジネスを効率化する朝一の行動を手助けする総合情報サイト

あなたの朝一の行動を全面サポート

朝日を浴びることの大切さ

朝日を浴びると気分が良くなって元気が出るのは、脳の中の松果体が朝日を浴びることで夜が明けたと判断して、メラトニンの分泌を止めるからです。メラトニンは睡眠のホルモンですから、脳は一気に活性化し始めます。そして次にセロトニンが分泌されます。このセロトニンが私たちの心の安定をもたらしてくれるのです。

雨の降っている暗い朝は気分がすぐれませんね。これが朝日が出ないために、セロトニンがきちんと分泌されないからです。日焼けやシミが心配な人は紫外線防止クリームを塗って朝日を浴びに散歩に出るとよいでしょう。朝時間で何か達成したいという積極的な気持ちをもって朝日を浴びると一番良いですね。そうすることで自分の潜在能力を現実化することができます。

脳の行動回路の強化

脳はプランニングされたことをすることにはあまり喜びを感じません。未知のことに出会うと活性化してその力を発揮します。ですから脳の行動回路を強化するには、未知のことが最高のトレーニングとなります。それを朝の脳がリフレッシュされた時にすると一番効果的です。

人間の行動の90%は前頭前野によって支配されています。この前頭前野も運動によって鍛えられるのです。朝日を浴びて散歩をすることがいかに大事かわかりますね。散歩したり軽い運動をすることで、ベータエンドルフィンというホルモンが出て、ストレスが解消され、疲れが取れ、俄然やる気が出てきます。このベータエンドルフィンの分泌には30分くらいの運動が必要です。真夏は少し大変かもしれませんね。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ