ビジネスを効率化する、朝一の行動とは

ビジネスを効率化する朝一の行動を手助けする総合情報サイト

朝型も夜型も朝一の行動

朝は睡眠で脳が休みリフレッシュしています。一番能率が上がる時ですね。これは単なる作業でも創造的な仕事でも同じことです。動物は人間も含めて体内時計を持っていますから、そのリズムである太陽とともに起きて太陽とともに眠るのが、一番効率よく活動できるのです。朝の脳がリフレッシュしているときは、良いアイデアを浮かびやすく、物事を積極的に考えられます。

朝の最初の行動が一日のあり方を決めるといっても良いでしょう。目覚めた時にぐずぐずと過ごすとその日一日がだらだらとなってしまいます。朝一番で重要な仕事をしてしまうというのは、それ以後は一日中仕事が積極的にできます。

夕方のプライベートな時間を大切にして、夕食を早めに食べて、早寝をすることです。寝る前の2時間はブルーレイを浴びて交感神経を刺激するようなことのないようにPCやスマホの画面を見ないようにします。寝る直前にはお風呂に入らないようにします。寝る1時間前くらいにお風呂に入ると、一度上がった体温が下がり始めてよく眠られます。こうして早寝すれば早起きできます。

早起きしたら、一日のスケジュールを作ります。仕事ばかりではなく、自分がプライベートでやりたいことも計画の中に入れておきます。そうすることでモチベーションがさらに上がります。こうしてスケジュールを作る時も、これをこなしたら次はあれだというような、順番だけではなくてはっきりと時間を割り振って、スケジュールを立てます。


ページの
先頭へ